electrongirl

ゆるく、ゆるーくありたいものです

棒に当たる

  • 2021年03月16日
東京に引っ越した。何度目かの上京。帰京というべきか。
何度目かのよろしく。

引越した中野はとにかく利便性がやばい。これまで新宿に行って帰ってすると3時間かかっていたのが往復30分で済む。徒歩でも行ける。そして外食の選択肢が多い。あろうことか徒歩2分の場所にスーパーも新設された。家賃は高くなり部屋も狭くなったが、時間ならしこたま買えそう。

犬も歩けば棒に当たるという諺が好きだ。
動いてみたら何かが起こると思っている。
東京出たら何か起こるだろ、と思ってた矢先に栄之進から「うち(株式会社スペースノイドカンパニー)に入らねー?」というお声がかかった。ちょうど38歳の誕生日の深夜。

そのお誘いの導入は「ここでお前にワンパン食らわせたいんだけど...」だ。
なんだそりゃ
だけどその「なんだそりゃ」がなんかなのだと思ったので迷うことなく応じた。

何度目かの合流。帰郷というほど後ろ向きじゃないか。
何度目かのよろしく。
  • 0
  • 07:01 |

転調

  • 2021年02月24日
3年半住んだ南柏から引越し。

入居した当時「辺鄙な街に来てしまったなあ」という印象を多少覚えたものの、渋谷まで片道1時間半、往復3時間の電車にはすぐに慣れ、充実した読書時間や将棋時間になった。

休日の夕景が好きだった。
紫に群青にグラデーションする空がとても広くて、上等な風呂敷に生活がくるまれているようだった。

いつものデブ柴とすれ違うとうれしくなる。
静かな夜の晩酌はささやかな贅沢。
新婚の生活設計をするには十分な物件で、隣の部屋が売りに出された時は「購入」の2文字がよぎった。この家でこのまま老いていくのは、それはそれで一つのしあわせなんだろうな。
それくらいいい街のいい物件だった。

そんな安寧を、理由もなく一旦手放してみる。
なんかおもしれーことにならねーかな、と。
コロナ禍の自粛生活でディフェンシブになった分攻めたいから。
まだまだやりたいこともいっぱいあるから。
つまり「なんとなく」。
そろそろ転調させねーと旋律もだれる、そんな感じ。

次は中野(サブカルの魔都)に引っ越し。
大概の街は住めば都で、そうならないとしたら自分の生活設計能力の問題だと思う。向上心さえあれば大丈夫なはず。

仲良くなってくれた友人諸氏はまた会いましょう!
実は多忙で挨拶回りできないんです。来月改めて伺います。

中年になっても春はなんかどきどきする。
いい歳こいてもそんなんでいいと思う。

sky
  • 0
  • 06:06 |

暇を潰す人生、オイルパスタ

  • 2021年02月05日
徹夜作業が続いた。

新しく普及したSNS(clubhouse)は画面を見ないでいい点で深夜作業と相性がいい。
3年前にバーで隣に座った人、一緒に人狼やった人、10年前にクラブで会った子なんかと再会しては驚いてる。
今や売れっ子になってしまった伊藤栄之進、未だにブレない小劇場俳優の清水洋介と話す。栄之進の「喫煙所みたいなSNS」というのは的確な表現だと思う。「俺も一本吸おうかいな」と始まる感覚。

気づけばフリーランス8年目。
ひいひい言いながらもなんとかなってる。海外移住の計画もコロナでぽしゃって、月末から中野に引っ越す。
どうせまだしばらく日本にいるならまたなんかやってみようと思う。新しく別に会社でも始めてみようかなとか、そんな気分。

人生は暇つぶし。
夏休みのようなもので意味は特にない。暇つぶすために恋愛して結婚して勉強して仕事して、情熱を持つ対象に血道を上げる。
そんなことを言うと「人生が暇つぶしとはなんて言い草だ」とか、まるでロジックを理解できない知能低い人がいるから驚く。ちゃんと理解してほしいから何度だって言う。
人生は暇つぶし、暇は感動を以ってつぶす。

10年くらいそんなことを言って過ごしてたら、偶然ひろゆきが同じことを言ってる動画を見つけた。

https://youtu.be/ggeCZayxJDc

楽しく生きるために大事なこと。

楽しく生きるために腹を括ること。
愉快な人の側にいること。
不快な人の側にいないこと。
得意なもので勝負すること。
苦手なもので勝負しないこと。
全ての決断を英断だと思うこと。
全ての成り行きが思し召しだと思うこと。

オイルパスタを普通につくるのも飽きたので菜の花をペーストにしてみた。これも暇つぶし活動。なるほど。次はサーモンを遭わせてみようと、暇つぶしは延々と続く。

99C99140-BC2E-45EB-88C7-0F58D9A97074
  • 0
  • 07:22 |

正しい飢え

  • 2021年01月25日
ヤニス・バルファキス著「父が娘に語る 美しく、深く、壮大で、とんでもなくわかりやすい経済の話」という本を読んでいる。市場の本質は「農耕によって発生した余剰」という視点から経済を紐解いている。
市場の本質は「農耕によって発生した余剰である」という視点から経済を紐解いていて面白い。タイトルにある通りとんでもなくわかりやすい。なぜイギリスはオーストラリアを侵略したのか?(オーストラリアに大国ができてユーラシア大陸を侵略することはなぜなかったのか?)という問いに対する回答が「大陸の位置と形」という話が目からウロコだった。




ユヴァル・ノア・ハラリ「サピエンス全史」でも農耕を創出したことにより人々は穀物の奴隷となったという記述がある。農耕によって人類は発展し地球を支配したように見えるが、その人類を支配して繁栄した種は実は小麦だという。

サピエンス全史 上下合本版 文明の構造と人類の幸福
ユヴァル・ノア・ハラリ
河出書房新社
2016-09-16



つまるところ人間の文化は飢えとの戦いだ。
当時より社会は複雑化して経済的な飢えは多少解消されたのかもしれない。
けれど処理する情報量の増大で欲求も増大した結果、精神的な飢餓がさまざまな形で表出した、というのは自分の肌感覚だ。

人生を幸福に生きるカギは経済と精神のコントロールだと言われる。
足るを知ることで膨張する欲望を制御しなくてはいけないと。それは真だと思う。
けれど、足るを知る尊さの対局に、足らないことの価値もあって、飢えは確かに侵略を生んだが、発展も生んだ。
必要なのはつまり「正しく飢える」ということなのだと思う。
それはなんとなく自分にとって今年のキーワードになる予感がある。

正しく飢え、飢えることでまた成長したい。
  • 0
  • 04:03 |

アニバーサリー

  • 2021年01月12日
結婚して3年目が終わり、4年目の始まり。
1年目は浮足立って、挙式などをやった。
2年目はちょっと地に足ついて、新婚旅行とこれからの設計などを話し始めた。
3年目はコロナ禍もあって、人生設計と生活設計を話し合ってぶつかることもたびたび。
今年はレストランも行けないので、ささやかにナポレオンパイ買って食べた。

人間関係はうまくいかないのが前提だと思う。
他人だろうが家族だろうが難易度は高い。
いつか子供ができたら教えてやりたい。

「1年生になったら友達100人できるかな」
「友達100人作った101人のコミュニティに乗っかってくる煩わしさはマジできつい」
「100人で食べたいな、富士山の上でおにぎりを」
「もう計画段階で1人除外されてる」
「パックン パックン パックンと」
「1人が除外されたことを、50人は喜び、30人は後ろめたさを覚え、20人は憤りを抱えたまま頂上に来ている。パックンパックン食べてるお前はその50人側なんだろう。マイノリティの背負ったものを無自覚に蔑ろにするマジョリティだ。残酷だな」
「ウエーン」
「泣くな。想像しろ。想像力豊かに育って欲しいから俺はお前に『想像力豊』って名前をつけた。がんばれ!想像力豊!」
「パパのクソヤロー」

そんな風に、他人だろうが家族だろうがぶつかる。
人を扱うことが難しいから、言語と通信はここまで発展したんじゃないかと思う。

だから、ナポレオンパイ食べて美味しいと思ったときに隣で「美味しい」と口にするとか、そういうシンプルな一致の積み重ねは、それなりに意味を持っているのだと思う。
岡崎想像力豊にもそういうことを伝えたい。

写真は帰宅を待っててくれたアザラシ。
138641683_4085351691493512_2587520552424621974_n
  • 0
  • 18:49 |
Search
Tatsuo Okazaki

「いい会社」elegirlという会社を経営しています。主たる事業は広告ですが、音楽事業 elegirl labelや演劇制作など、気ままに色々やってます。プロフィール詳細はこちら。デザイナー、DJとしての活動概要はこちら


 info(at)elegirl(dot)com
comment
Booklog
Monthly Archives
electrongirl