electrongirl

ゆるく、ゆるーくありたいものです

三月徒然

  • 2005年03月31日
岡崎藝術座が武道館で解散公演をして号泣した夢を見た。久々に起き掛けに詩を書いてみた。Q書房に投稿したのでよろしく。奥田民夫が言っていたことに似ているが、ラブソングは大いなる屁理屈の繰り返しだ。何であれ春は感傷的になるが、せめてあたたかくなるまでの季節の移ろいをゆっくり眺められそうにないのが残念だ。いや、いいや。きもちいいことするんだ。

ことあるごとに動転する自分が嫌いだ。簡単に揺れる性質であるらしい。それでいてなんでも首を突っ込みたがるものだから揺れてない時期なんてないだろう。とにかく、何においても「駄目」の初期症状は、てんぱる。第二期は、びびる。末期は逃げ場所を探し始める。そんなのは実践済み。困ったときこそぽくぽく行くのがいいらしい。

最近、痩身が更にこけた。そして打たれ弱くなっている気がする。一日に何回いやなことがあったら人は首を吊るのか。立て続けに20回あったら吊るなあ、大体は。

1「目覚ましが鳴らない」
2「遅刻」
3「痴漢に会う」
4「仕事をミスる」
5「クビ」
6「下水に落ちる」
7「落第」
8「食事を床にぶちまける」
9「エレベーターに閉じ込められる」
10「遅刻」
11「失恋」
12「親が死ぬ」
13「友人が死ぬ」
14「にわか雨にふられる」
15「ペットが蒸発」
16「レイプされる」
17「セカンドレイプされる」
18「盗難にあう」
19「絶交くらう」
20「財布を落とす」

これが一日に立て続けにあって死なないやつはあんまりいないんじゃないかな。本気の不幸の前ではポジティブソングは無力だな。実際、不幸も主観なんだけど。

っていうことを考えてカフェる。じゃあ、俺は、幸福だ。

「普通じゃいられないどうしよう。ふざけないで生きてき太陽」(ECD「渋谷アンセム」)
東京ってそんな感じ。上京した10代が大学三年で気づくこと。今年も東京が大口を開けて多くを泥沼に引きずり込む。

ああ。つらいのはやだなあ。面倒はやだなあ。へらへらしてたいなあ。そのためにはどうしたらいいんだろう。本当にしたいことをすればいいんじゃない?って俺は言う。それが出来るのも才能。むしろ、それを才能っていう。皆様にはこれ以上きれい事はなしでお願いしたい。体裁や見栄とか自己顕示欲、虚栄、ファッションだろ?そんなの。「まんこ!」って叫んでみるのは楽しそうだと思うけどお前がそこで叫ばないのはそれによる。

春は出会いの季節。他人の家でオナニーして床に零して拭かないようなやつと友達になりたい。









  • 2
  • 0
  • 13:09 |

月面喜劇稽古日誌

この前、誕生日のケーキを後輩がサプライズとして持ってきた。祝われる先輩の俺。甘いケーキ。うれしいのはもちろんだが、それ以上に眠い俺。さぶいぼなエピソード。
今日は飲み。もうビールが飲めない。一杯でダウン。爆睡。服用している胃薬のせいはあるが、歳のせいだ。きっと。大いにへこむ。慎太郎くんの家に泊まる。朝起きたら、お前、寝言で「紫外線スコープ…」って言ってたよと指摘される。

ともあれ虫酸の走るくらいの平和に、俺は塞ぎこみそうだ。やる奴はやるし、やらない奴はやらない。気づくのは自分だから放置。優しさはもらう。それ以上のことはしらない。演出がいなきゃ稽古ができないなんてことはあるはずがない。いなくても幕を上げることもできる。

その理論で行くとさぼってもいいわけだ。へへ。
  • 0
  • 0
  • 10:59 |

三月が曇るっしゃい!っしゃい!

  • 2005年03月29日
三郷に帰ると駅前のモスバーガーがつぶれていた。代わりに無駄にでかいクリーニング屋が。バスに乗り五百円投入すると、おつりがでない。運転手が面倒くさそうに、これに記入して投函して、と、葉書を手渡した。

芝居がおわったら放浪の旅に出ようときめた。大阪と愛知は外せない。どこにいこうか。

よくねる。ああ。ラブホのベッドで熟睡したい。同伴者募集。

世界はまるでこれからはじまるみたいに晴れ間を見せた。
それでもすぐに曇った。なんだかなあ。そんなもんなんだなあ。




  • 0
  • 0
  • 10:18 |

観劇 岡崎芸術座「ゴドーを待ちながら」

  • 2005年03月28日
もう、演劇をやめたくなるような企画だった。
岡崎芸術座を劇団だと思っていたのだが、もはや、パフォーマンスだ

綱を持って歩かされ、預けたはずの靴はすんげー踏まれ、めちゃめちゃがんを飛ばされ、地獄めぐり。そう、シュールな地獄めぐりだあれは。

・骨を与える男としゃぶりつく女
・なぜか水びたしで出てくる男
・伸びまくったカセットで洋楽を踊る奴等
・観客の靴に水をそそぐ男
・意味不明な会話

そんな地獄めぐり。
面白かった。わけわかんなかったけど、面白かった。
とりあえずベケットが泣いてる。
  • 0
  • 0
  • 10:36 |

春の寂しさにはひとたまりもない

  • 2005年03月26日
時には寂しいこともある。春の寂しさにはひとたまりもない。
この時期、一年で一番ブルーかもしれない。誰かといても孤独。
池袋三畳一間の生活は今後一生しあわせになれそうにない気持ちになる。
なんだかいたたまれないのです。
寂しいと人はどうなるか。死ぬ。間違いなく死ぬ。
そんななさけな坊やの岡崎です。センチメ!

そんなことを嘆く余裕はないだろう、お前にはやることがいっぱいあるんだ。
ごもっとも。ごもっともなんだけど、小鳥の気持ちが今日もまた。
小鳥の気持ちが風で凍えて鼻水ぐじゅぐじゅ今日もまた。ブルー。
去年のこの時期は飲み歩いてたけれど、どうだろう。飲み歩くのか今年も。
鳴らない電話。散るために咲く桜。くそう。負けていられない。

けれど、今日は稽古が休みなので静かにそれに窒息していよう。
  • 3
  • 0
  • 08:56 |

脳溶ケ

  • 2005年03月25日
コーラを飲むと頭が悪くなるだとか、炭酸は骨を溶かすだとか、真偽の程は定かでないが、そんな大人の脅し文句も今となっては懐かしい。よく知らないけど、今、同じように「覚醒剤使うと廃人になるよ」とか「シンナーは歯を溶かすよ」とかが言われているのかな。可愛げなんてあったもんじゃない。

ところで、コーラを飲んで頭が悪くなった奴等が新商品を開発した。
その名も

無炭酸コーラ

もはや、コーラなのか?それは?乳酸菌飲料とある。
買ってのむ。ああ、これは、この味は、まぎれもなく昭和だ。
昭和を語れる年齢じゃあないけど、この商品の味は、地元の潰れていった商店街の店の軒を思い起こさせる。

まじいんだよ!!

正直、自分でも好き嫌いはあまりない人間だと思っていたが、これは無理!
そもそもよ、炭酸のない時点でコーラじゃねえんだよ!
まあ、巷で話題の商品になりつつあるので、話題づくりとしては成功だ。
だけどよ、発想勝負オンリーか?パック飲料業界。

関係ないのでどうでもいいけどさ。
あまりにまずかったので書いてみた。

  • 2
  • 3
  • 06:02 |

world neverend

  • 2005年03月24日
ねない。ねよう。ねます。ねた。ねて。ねる。ねる時。ねれば。ねろ。なるほど、ねるは下一段活用か。それくらい寝たい。ねてない。この日記を打ったらしばらく起き上がるつもりはない。今からどんな夢を見るかが楽しみだ。

最近、どうも痩せたらしい。ただでさえ痩身なのに。脳を使いまくっているからタンパク質が消費されるということらしい。どうでもいいや。今日はいい加減、死神が見え始めた。

世界世界世界。は、唯一実在する永久機関だなあ。なんて、思うよ。
俺は薄汚い意地の悪い低俗ないきがった鼠、或いはそうではない。
結果論だ。無様に死ぬのも賽の出た目だ。疲労困憊。こんなときは死について思う。
小五で死ぬのが怖いと考え出してから、今ではそれが趣味のようになった。
死にたくないわけでもない。死にたいわけでもないのだけど。

とりあえず今は、
ねない。ねよう。ねます。ねた。ねて。ねる。ねる時。ねれば。ねろ。
ねない。ねよう。ねます。ねた。ねて。ねる。ねる時。ねれば。ねろ。

  • 6
  • 0
  • 18:27 |
Search
Tatsuo Okazaki

「いい会社」elegirlという会社を経営しています。主たる事業は広告ですが、音楽事業 elegirl labelや演劇制作など、気ままに色々やってます。プロフィール詳細はこちら。デザイナー、DJとしての活動概要はこちら


 info(at)elegirl(dot)com
comment
Booklog
Monthly Archives
electrongirl