electrongirl

ゆるく、ゆるーくありたいものです

合同会社elegirl代表、岡崎龍夫です。
大学生だった2004年から20年以上つけている思索の記録です。
未来の自分に手紙を書くつもりで書き溜めているため、それほど一般性はありません。

2008年10月

慢性的に眠い。体調はいつぞやと比べてすこぶるよくなった。
会社の仕事は難しい。こんなハイクオリティのサイト作ったことねーよというサイトをひたすら作らされている。
覚えたら、いろんな人のサイトに生かしてやろうと考える。

去年のこと。
慣れない現場作業でセメント運んだりしていた。
なんかもう色々がだるかったから基本的に酒びたりだった。
あの時と比べると健康的だな。相変わらず毎日酒飲んでるけど。

制作をやってる。たまにふと、
そんなに制作な奴だったけ自分?とかおもう。
稽古を見ていると舞台に立ちたい気持ちもわくし、脚本の構想も沸く。

なんかいろいろかんがえる。
たまにはぶたいでてーなほんと。
この際ちっちゃい規模でいいや。

松尾スズキの『ファンキー』のラストの一説が好きだ。

"笑ってください。あなたが笑っている場所だけが、ボクの居場所なのだから。
凄く素朴なことがわかった。笑ってください。そこにしか、ボクの居場所はないんです。"

こんな恥ずかしい座右の銘は恥ずかしいな。

くそみたいな吐露をかいた。
おやすみなさい。

高幡不動の駅前にはつけ麺を出してくれる店が二軒あって、片方はすげー好みの味なんだけど、11時には閉まる。
もう片方は深夜1時までやってるけど、けっこうまずい。

今日みたいに0時過ぎに駅について腹は減ってるものの家でラーメン作るのすら億劫な日はまずい店でまずいと思いながらつけ麺くうんだけど

それって、考えようによってはかなり贅沢なんじゃないか?

いやしかし今日はやばかった。調子こいて4時半起きしてひと仕事したからはきそうなくらい眠い

家でビール飲むのなんか面倒だけど飲みたいから歩きながら飲んで帰る。

このページのトップヘ