electrongirl

ゆるく、ゆるーくありたいものです

夢酔と残滓

  • 2010年10月31日
ここ最近の夢日記。
ちゃんと記録していた。

 月曜日。
 夢をみた。

 どうやら俺はバンドを組んでるらしい。
 公園を歩いているとメンバーの一人が殺しにきたので格闘の末殺した。
 スタジオに遅刻した。
 バンドのメンバーにいる何とか先輩はとても恐ろしい。入口ですれ違った先輩に、「すみません遅れました」というと、先輩は「気にすんな」といって外に出ていった。
 しばらくしてブルドーザーで戻ってきて涼しい顔で俺を潰そうとした。必死で逃げたが他のメンバーや店員はまきこまれて死んだ。

 逃げてるうちに後輩のNに会った。
 Nは俺に気持ちいい瞑想を教えてくれるという。いわれるままに瞑想すると確かに気持ちいい。Nが「続けてると射精します」という。是非続けたいと思った。
 すると、Nの先輩が現れて、「続けるには棚のなかのAVを一本選べ」と言う。
 選ぶと「けっ」と言いながら俺をそのAVの中の世界に入れてくれた。

 AVの中の世界には風俗みたいな店があった。店員が、錠剤を飲んでから女を選べと言った。錠剤を服用して女を選んだ。よくわかんない横文字のコースにさせられた。
 選んだ女に連れられて道を歩いた。女がここに入ろうというので蕎麦屋に入ってそばを食べた。
「このコースってなに?」と聞くと「そばを食べたらここでファックしてもいい」みたいなことを言われた。
「まじかよ」
 それは興奮するのか? よくわからなかったけどあまり気がすすまなかった。

 窓の外を見ると、水彩画のようなオレンジの夕景で岩場に父親が腰掛けている。
「いままでたのしかったなあ」とあまりに寂しそうに呟くか手紙をよこしてきたかした。 そういえばこの蕎麦屋は地元にある蕎麦屋だ。父親とよく来た。

 それからなぜか「色んなことがうまくいかなかった」と俺は自分の半生を悔いた。糞みたいに思えた。これからもうまくいかないような気がした。そして、その度にこういういい風景にごまかされていくような気がした。糞人生だ。

 そこで夢から覚めた。
 夢の最後に反芻した「糞人生」という言葉が頭から離れなくてポジティブになれなかったら涙もでた。人の夢に出演して不吉なことをほざいた父親を少しだけ案じた。

* * *

 水曜日。
 夢をみた。

 イベントを開いた。DJにドタキャンしまくられて結局揃ったのは俺とSさんだけだった。Sさんも途中で帰ってしまった。
 客はひとりだったが、そいつがAKBのメンバーらしいのでまあいいかと思った。

 イベントが終わって夕方、会場の庭にいくと、名古屋に住んでいる友人からもらった怪しげな種が怪しげな色のチューリップに育っていた。通りすがった外人が食べたそうにしていたので一緒に花びらをむしってたべた。漬け物みたいな味だった。

 イベント会場は緑のピラミッドの建物で中に入るには壁をよじ登る必要がある。
 難しいことではないが下手すると死ぬ。のぼりすぎて入口を見失った途端すべって落ちた。死んだと思ったらぎりぎり入口のドアにつかまって生きてた。

 会場に戻ると友人の親父がいた。俺はいつのまにか小6くらいになっていて同級生たちとその親父とわいわい遊んだ。おもむろにその輪から抜けて、押し入れの中のエロ本を探し始めた。エロ本を取り出したところを友人の親父に見つかったが、親父は見ないふりをしてくれた。大人だと思った。

 帰り際にその友人の父親は「宿題」と言って方程式をよこしてきた。
 みんなの脳に直接問題をいれてきた。

 x+y=6 のときx^2-y^2はいくつか。

 計算する。
 あれ、これだけじゃ解けないんじゃないかな。

 x^2-y^2=(x+y)(x-y)
 =6(x-y)
 x^2+2xy+y^2=36

 いろいろためしたが無理だ。しかも油断していると数字が勝手にちがう数字になるから数字が動き出したらペンを刺さなくてはいけない。面倒だ。
「夢の中で計算かよ」と呟いた。起きて部屋で計算しようと思ったら目が覚めた。

起きるなり問題に挑んだが普通にこれは無理。「やなことを押しつけてくんじゃねーよ」
夢のなかの自分に苦言を言いたかった。

* * *

 金曜日。
 夢を見た。

 夢の中で肉まんを食うみたいに俺はなんかの錠剤をがっついて食いまくっていてどうやらそれは向精神薬かなんかで、さすがにやばい量だけどもうODで死んでもいいかという気分だった。夢の中で視界が歪む。

 電話が鳴る。現実の世界で鳴っている電話だった。目を覚まして出る。
 会話が終わって切ると同時に猛烈な睡魔がのしかかる。
 そうだ、俺致死量の薬飲んだんだぜ。電話とか出てる場合じゃない。

 夢の中、相変わらず俺は薬を飲みまくってる。一瓶くらい飲んだ。
 観衆がいて、なんだか皆落胆した表情をしている。
 「あーこれ、こういう死刑か。もうだめだ。死ぬな。」

 また現実世界の電話が鳴る。目を覚まして取る。
 死刑囚の死刑執行中に電話かけてくんなよ!
 もうだめだ眠い。だってあんなに薬飲んだんだもの。

てのを繰り返したらいつの間にか目が覚めていた。
死刑が終わって少し安心した。

* * *

 土曜日。
 夢らしきものを見た。

 自分の身体の中に筒があって、その筒が麝香でいっぱいに満ちていく。
 それが映像だったか感覚だったかは思い出せない。極端に抽象的だったがいい夢だったんだと思う。
 
 醒めるのがちょっと早かったかもしれない。
 起き抜けのタバコを吸いながら少しだけ残念な気分になったが、夢を惜しんでも虚しいだけだ。

* * *

 現実の現実味も、日が経てば?がれていく。三日もすれば夢と違わない。
 昨日を夢にして今日を暮らす。それはなんだか寂しいような気もする。
 夢酔の残滓を手繰って、何度となくそこに行けたらいいのに。

  • 0
  • 0
  • 16:06 |

小さな頃から

  • 2010年10月28日
小さな頃から見えない力で
あたしを強くさせるあの小さなじゅもん
たくさんの傷と争う夜にも
抱きしめるたびにいつも震えて響く

JUDY AND MARY 「小さな頃から」



松本引越センターのCMでさ
「松本引越センターです」って従業員が名乗ったあとになんていってんの?あれ
小さな頃から疑問だわ。

あとあれ営業電話だよね。うぜーわ。

  • 2
  • 0
  • 22:02 |

night cruising navigation #02

  • 2010年10月25日
「誘宵」第二夜でした。
思いつきで鍋を置いたらかなり雑多な感じになりました。
ちょっと窮屈だったかもですがすげー楽しかったです。

「袖振り合うも多生の縁」ってことばいいよね。
「多生の縁」であって「多少の縁」じゃない点ね。
見知らぬ人と袖が触れ合う程度の些細なこともまたは振り合うような間柄も、前世からの因縁に依るものである。どんな小さな事、ちょっとした人との交渉も、全て深い宿縁に基づくものである。

規模としてはかなりちいさいイベントだけど、それ故に袖振りあわずに移動できない。
まあ今後もやるんで知らない人どうしでも仲良く語らえばいいと思います。
規模拡大とか、収益性とか考えないで、「なんか酔っ払った人たちが苦情が来ない程度にわいわいできる日」、素敵。今後も続けていきたいとおもいます。多生の縁を感じちゃってくれたらさいわいです。

DJのみなさまお疲れ様でした。
来場してくれた皆さんもありがとう!だいすき!
UST見てくれた人もありがとう!

222

鍋開催中。最高に雑多な感じ。



オリジナルラブ「接吻」。自分のときにかけた曲。
「おまえ超たのしそうに曲かけるなー」っていわれた。
たのしかったら自分でかけて自分で踊っちゃうよー。

とりあえずまた次回!
  • 2
  • 0
  • 19:14 |

ナイスノイズ

  • 2010年10月23日
ピアノの音の形容し難い美しさと同じくらい雑音が好きだ。
(ちなみに、中原昌也より渋谷慶一郎のほうが好きだ。この一年はametsubばかり聴いていた。)

やさしい雑音はきいていてあたたかくて気持ちいい。

古いレコードの雑音なんか最高だ。雑音すら演奏の一部かと思うくらいだ。
(ハードオフ行ったらアナログタンテが地獄のように安くてびっくりした。少し購入を考えている。)

殊美しさに於いていうなら

ものは劣化してこそ価値だな
記憶も風化してこその価値だ
気持ちはうごついてこその価値だし
いのちも死に行ってこその価値だな、と
そんな風に思えるのは、いままでにたくさんのものが自分の中から揮発していくたびに、もの悲しさと、それに付随するきらきらしたものを感じてこれたからだと思う。

年齢を重ねるたびに、レコードの音みたいに雑音が混ざっていって、どんどんゆるくなって、優しくなっていけるんならうれしい。
そのためには、もっともっと美しいものを見聞きしたらいいんじゃねーかな。

秋は感傷を伴うけど、なにかときれいな季節よ。
散歩だな。散歩。

  • 0
  • 0
  • 03:42 |

下落

  • 2010年10月21日
約束を当日にぶちられることが最近非常に多い。

昨日は仕事のあとに友人と飯を食いに行く予定だったんだけど「来週かと思ってバイト入れちゃったごめん」みたいなメールが来て「手帳買えよ」って送った。
今日はまた別の友人と昼飯を食う約束してて、いくら待っても全然連絡取れないまま腹すかして結局16時くらいに一人で飯食って、喫茶店で小説打ってたら暗くなった頃に「昨日の夜からずっと仕事でいまだに終わんない」というメールが来た。てめーどんな仕事だよとか思ったけど、仕事ならしょうがないかもしれない。

最近あったひどかったのは「忘れてた」あと「友達の飲み会が入った」ね。
もう後者にいたってはけんか売ってるとしか思えん。

俺の株価がスーパー下落しているのを感じる。
何これ?円高の影響?風水的なもの?
本当にやめてほしい。

つーわけで、まあ他にも色々ぶっちはあったんだけど最高に不機嫌。
ぶちられると今月のぶちられた憤りの全部がフィードバックしてくるから今月は
もう本当に約束自体を入れないほうがいいんじゃないかと思う。

普通になめられてんだと思えて、精神的に腐るわ。

以上、愚痴。機嫌がスーパー悪い状態なので攻撃的なラップ聴きたい。

  • 0
  • 0
  • 20:37 |

スカスカ大好き / 風待ち

  • 2010年10月19日
クラブとかにあるフライヤーが結構好きで、なにが好きかっていうと、あのイベントとかDJの紹介文ね。まじめに書けば書くほどスカスカになるというジレンマがあって。
ためしにネットでイベントを調べてみるといいです。
すげーすかすかなこと書いてあったりします。

だけど、ああゆうDJ紹介文とかは告知として「それっぽい」から書くことにします。
スカスカな文章かかせたらけっこう負けない自信あるんだ。俺。

『 誘 宵 』 第 二 夜



日も暮れきった後
遅々と更ける十月の宵を
音楽でご案内

誘宵(いざよい)

izayoi10


2010年10月24日(日)
於 千石空房
17時より

席料;無料

DJ;

gogopulse

2000年に3MC+1DJスタイルのHIP HOPユニットを結成しない。音楽活動に携わらないをすることで独自のスタイル確立していく中、2001年「ASIAN PIMP」を結成しない。当然リーダーも務めない。ゆえに多数の音源をリリースしない。またコンピレーションアルバムへの参加や他アーティストへの客演参加もしないし、ソロとして活動しない。また、2006年5月にリリースされたトラック「DAYDREAM」が、ZIP-FMチャート最高位3位を記録しない。この前DJはじめた。

100909_1823~01

やさしいおばけ

その活動は多岐に渡り、NUJABES、田中フミヤ、KAGAMI、FPM、細野晴臣、NUMB 等、ジャンルを超越したの数々のアーティストが「やっぱやさしいおばけがいるイベントはひとあじちがうねー」と口を揃えて言う夢を見ると目覚めがいい。

5d5205688614fdbafd27

GISU

HIPHOPを中心にDJとして活動。WAREHOUSE,WOMB,YELLOW,module,AIR,LA FABURIQUE等の都内各所でのコアなパーティからビッグパーティでプレイをしたがっている。ファンキーなリズムとグルーヴィーなMIXで展開されるDJプレイは本人自身の中で好評を得ている。
部屋が壮絶に汚いという苛酷な環境が生み出したプレイスタイルは必見。

yamagishi

加藤健太郎

湘南を中心にシロアリの駆除活動を展開。「知らないものはもぐり」といわれるほどシロアリ界で恐れられている存在。有名クラブやライブハウスで行われるアンダーグラウンドパーティに潜んだことのあるシロアリも容赦なく駆除する。二次元にしか心を開けないという特異なスタイルで、「けいおん!」や「化物語」や「みつどもえ」などの有名作品に魅了されている。

px480_01

katz

工学院大学・機械工学科卒業、機械工学士。江東区・文京区伝統工芸会所属、文京区技能名匠者。ソフトウェア技術者を経て父親の跡を継ぎ現職の万年筆職人に。幼少より万年筆の製造に関わり、その道30年を超える。ヴィンテージ修復に関しては、独モンブラン本社より日本の修理技術者として紹介を受ける事もある。DJとしての腕もすごい。

20100624-01

http://sengokukubo.com/



いえあ。
こうしてみると克さんのプロフィールがなんかすげえな。

まあ、なんにせよくるといいですよ。

* * *

ちょっといろんなことが懐かしくなってしまった。
大人になってもノスタルジーはついてまわる。
いろんなことが仕方ないし、また納得いかない。
後悔のない人生を送ろうと心掛けているのにそれでも後悔はつきまとう。

湿っぽい文章になりそうなので以下省略。
以下はカラオケの持ち歌。泣きながら熱唱する。



「風待ち」

季節はずれの雨が好きなあなたに悪いけど
晴れた日の空の下でわりとうまくやれてる

たまに会う友達は昔の話ばかり
あの頃見てたものあれもこれも遠すぎて

みんな知らぬ間に時を過ごしたのかなあ
思い描いたとおり?
ちょっと違う
今、夏の香りがしました
涙が出なかったのはそれのせいかなあ

待合わせの人の隙間歩き慣れたけど
あなたなら心の隙間見抜きそうな気がした

目指すもののカタチは少しづつ変わってく
まわりが思うほどじつはそんな器用じゃない

あれ?
いつの間にこんなに疲れたのかなあ
まだいけるつもり
ちょっとはつらい
また花は咲き枯れました
たまにはあなたの顔見れないもんかなあ

街の色に染まって
ときに何も思い出せなくて
今ここに何が足りないのか
わかってない
わかっちゃいない

髪を少し短くした

みんな知らぬ間に時を過ごしてるのかなあ
思い描いたとおり?
だったかなあ
また夏の感じがしました
明日も晴れだったなら会いに行こうかなあ
会いに行こうかなあ
風のせいかなあ




  • 0
  • 0
  • 20:44 |

カメラ!カメラ!カメラ!大喜利!

  • 2010年10月17日
小春日和と呼ぶに相応しい一日。(小春日和って春じゃなくて10〜11月にあるんだよ)
府中本町のホームに陽のはいり方が絶妙で、やっぱりカメラが欲しい。できたら人が撮りたい。

夏コミいったときにお気に入りのトイデジvivicam5050がぶっ壊れたときはスーパー落胆したなあ…。

とりあえず一応値段を見てみた。どうせそのうち買うでしょうし。
デジタル一眼レフの新品は安いのだと35000円くらいからあるな。ちなみにヤフオクで中古をさがすと20000円くらいからある。

ちなみにトイデジは10000円前後。中古のデジイチを買ってデジイチ慣れしてから新品かうってのがよさそうだぞなんとなく。

すみません。
どなたかカメラの選び方をご教示ください。

* * *

大喜利修行会なる怪しげな会に参加して、普通に「実力のある人」の「実力のある回答」の力を見せつけられてきました。

すごいなあ。
評価にはそれ相応の理由がある。
自分に関しては少し反省してます。他の皆さんのレベルの高さにあわあわわってなっていました。
しかし四時間大喜利ざんまいはさすがにハードだ。脳がシュワシュワする。


【お題】

歌丸師匠
「一度でいいから見てみたい」の後に続く言葉(定番のお題)

 俺「小学生男児の排泄」
司会「ド変態じゃねーか」
 俺「……」
司会「ちょっと、さっきから大丈夫ですか?」


心配されてしまった!

シュワシュワすると一番手の届きやすい引き出し「安易な下ネタ、グロネタ」に走ってしまう。未熟すぎる。
ちょっとこの傾向は反省したい。

人によってはその前哨戦からいるらしく、八時間大喜利ざんまいだっていう。
ジャンキーだなあ。

いや、ほんと感服しました。
  • 0
  • 0
  • 11:33 |
Search
Tatsuo Okazaki

「いい会社」elegirlという会社を経営しています。主たる事業は広告ですが、音楽事業 elegirl labelや演劇制作など、気ままに色々やってます。プロフィール詳細はこちら。デザイナー、DJとしての活動概要はこちら


 info(at)elegirl(dot)com
comment
Booklog
Monthly Archives
electrongirl