electrongirl

ゆるく、ゆるーくありたいものです

elegirl.net

  • 2011年04月21日
はじまってる
http://elegirl.net
  • 0
  • 0
  • 05:31 |

「その部屋」

  • 2011年04月11日
十七歳のとき当時つきあっていた高校の先生とやった。それが私の初体験の概要。
先生は当時二十四歳で担当は日本史だった。初恋は人並みに甘く酸っぱく、全身全霊でそれに酔いしれていた。10ヶ月の関係だった。よく続いたほうだ。
教師と生徒という関係の背徳に燃えている節がお互いにあって、その関係は間違いなくスリリングで刺激的だった。
自分が24になった今にして思えば、先生は相当いけてなかった。
得意気に歴史の話をした先生の表情のなかに「自分がそれまでに培ってきた歴史への愛をようやく披露する場所ができたのだ」という喜びを見つけると、私はたまらなく彼をかわいらしく思えた。それを母性と呼ぶのかどうかは知らない。

高三の年末に「好きな人ができた」と先生は私に打ち明けた。「あ、これなんかでみたことある」って少し思った。心変わりの相手は先生の大学時代の同じサークルのひとだということだった。私は泣いたり喚いたりメールをしたり長電話をした。そもそも入試直前になんてことを言い出すんだ。教職としてサイテー極まりない。
恋愛に破れてもなんとか現役合格できたのは続けていた進研ゼミの通信添削のおかげだと思う。
妙な反抗心が働いて歴史は受験科目に入れなかった。大学生になった私はサークルに入ろうと思った。
映画にまったく興味がなかったくせに映画研究会を選んだ。なんとなく入ったサークルでなんとなくキューブリック作品が面白いなって思うようになった。

笹塚くんとは二年つきあった。
静岡から上京して一人暮らしをしている笹塚くんは先生にはない純朴さを持っていて安穏とした半同棲生活は私に家庭的なやわらかい感覚を植えつけた。結局大学四年の春に別れたのだけどその理由がなんだったのかは説明が難しい。
一度、ゼミの先輩と浮気をやらかした。その朝の池袋のラブホから駅に向かう道で巨大なカラスが生ごみをつついていたのを鮮明に記憶している。私は笹塚くんに自分の浮気を黙っていた。笹塚くんは気づかなかった。矛盾しているがそんなくずな私と変わらずのうのうと一緒にいる笹塚くんを愚かしく思い、小さい怒りすら覚えた。

製作していた自主映画は今にして思えばどうしようもないどこかの誰かのパクリのコラージュのようなひどい作品だったが、そんなものでも真剣に情熱を向けたことが無駄になるとは思わない。恋や人間関係や授業やバイトに揉まれ忙しなく感情を転がされていたからこそ、得たものは説明できないが説明できないほどある。

社会人になってお酒をほぼ毎日飲むようになった。

井口という会社の後輩と飲みに行った。
「俺学生の頃戻りたいです。たのしかったですもん毎日」
「いまは?」
「微妙ですね」
「俺学生のときバンド組んでて、結構人気もあったんですよ。事務所とかいくつか声かかったりして」
「すげーね」
「そっちの道いったほうがよかったかもしれないって思うんですよねたまに」
「思うなや」
「今からでもおそくないかな?でもメンバーいないし」
「集めろや」
「先輩なんでそんなに手厳しいんですか?」
「手厳しいかな」
「甘えさせてくださいよ、僕も先輩ももう終電ないですし」

井口の脇腹を蹴りつけ「てめえ、殺すぞ」と叫んでもう一回蹴った。
「調子乗ってんなよおい、終電ないからなんだ?おい?終電ないならなんでってんだよ、てめー、それがバンドやってた頃の手口か」
他の客がうわああって言うなかで井口を何度も殴りつけた。井口は何度も「すみませんすみません」と謝っていた。さっき飲んだこの店の泡盛おいしかったな。また来よう。

井口の分の代金は私が支払った。井口は元気がなさそうにタクシーで帰っていった。私は中野に住んでいる友達以上恋人未満な男の家に行ってセックスして寝た。

明日起きたときには忘れているであろう幻。過去にあった幸せな光景を見た。
笹塚くんは「結婚したい」と言ってくれた。そのとき部屋で観ていた映画が何て作品かまで覚えている。先生の顔は覚えていない、まあ感謝はしているのだと思う。
高校生とか大学生とかのこと思い出したのは迂闊だわ、まあ朝には忘れているだろう。
明日も大丈夫。


進研ゼミ高校講座
  • 0
  • 10:47 |

九識の窓

  • 2011年04月08日
mixiやtwitterをやめてからひと月が経った。違和感はぬぐえない。

仮想的とは言え、7年生活の中にあった場所を削いだのだ。幻痛みたいなものもある。
ただ、すっきりしたことも多くあって、考え方が非常にシンプルになった。
自分の可能性などたかが知れているということ。
愛せる対象の数も限られている。携帯のアドレスも多くを削除した。
つうか、本名でブログやって自分のアドレス(窓口)なんてネット中のそこいらに散らしてあるんだ。取りたいやつは勝手に取りにくる。
その他のアカウントも多くを削除した。(メルマガなど)
本当に「垢」のように多かった。

俺はどれだけ寂しがっていたんだ?
俺はどれだけ自分の可能性なんていう幻想につかっていたんだ? というようなことを再認識するようになって、なんだか不思議な気持ちだ。

最近は、仕事以外の時間はなるべく家にいる。
結局、好き勝手文章をたたいている時間が幸せだと思う。
発表するしないは関係ない。好きな音楽を聴きながら、他愛もない会話をするように文章をwordに投げつけているときは時間を忘れる。

windows meを使っていた頃のことを思い出した。
もう8年も経つのかと思うとぞっとする。ブログやネットラジオがようやく普及し始めた頃、mixiなんてやっている奴はマイノリティだった。たいしたアップローダーもなく、ストリーミングも非常に遅かったので、聞きたい音楽の量なんて限られていた。
読書をしていた。散歩をしていた。今と同じように誰に発表するでもない架空のテキストを打ち続けていた。CMSなんて概念はなかったので、htmlでなんとかwebをこさえ、ない技術で全力で更新していた。

なんか、ああいうのがなくなったなあ。
自分の環境も大きく変わったけれど、ネットとの向き合い方も伴って変わった。
あのころの時間のバランスが一番好きだ。自分の体内にあっていたんだと思う。
そんなことを思い出していたら文章をまた打つ快楽を思い出してくる。

最近は書き散らしている。何かを書いては置き、書いては置き、PCのフォルダがひとつ雑多なネタ帳みたくなってきている。資格の勉強もしているから時間は限られているけれど。

誰が上演する予定もない二人芝居を書いていてタイトルを『九識の窓』にした。windows 2000と比較するからwindows meは駄作に思えるんだけど、あれはやっぱりwindows 9xシリーズの集大成だったと思う。


Brandt Brauer Frick - Bop
人から教えてもらった作品。ドイツをの人力ミニマル。
こんなんがMステであったらかっこよすぎる。そくぞくする。
  • 0
  • 0
  • 09:37 |
Search
Tatsuo Okazaki

「いい会社」elegirlという会社を経営しています。主たる事業は広告ですが、音楽事業 elegirl labelや演劇制作など、気ままに色々やってます。プロフィール詳細はこちら。デザイナー、DJとしての活動概要はこちら


 info(at)elegirl(dot)com
comment
Booklog
Monthly Archives
electrongirl