electrongirl

ゆるく、ゆるーくありたいものです

学習

  • 2012年12月27日
小川和佑「東京学」読了。陣内秀信「東京 世界の都市の物語」を読んでいる。

どちらの書籍でも述べられていることだけど、明治維新の折にそれまでの「江戸」を払拭するところから東京の街づくりははじまっているらしい。前者は、故に東京は大阪をはじめ世界の様々な都市のように近代以前の歴史を景観に見つけるのはむずかしいと述べている。後者はその東京の中でも時折見え隠れする「江戸」を路地や街角に見つけている。まだ丸の内の章しか読めていないけれど実に着眼点が面白い。
東京が都市としていかに特異であるかということが見えてくる気分だ。

心は環境によって作られる、と思っている。
東京を考察することや、日本語を考察することで自分のルーツを探る作業が最近の興味だ。
いや、昔っからそうだ。

やさしいおばけになりたいのでやさしいおばけを名乗っている。
放浪するかのようにいろいろな局面を渡り歩いておばけ性(フットワークの軽さ?)が身に付いてきた矢先に、ようやく此処にいたいという場所を見つけた。
あとは、やさしさだな。どうもキャパシティにないことにまで足を突っ込むのが、俺自身の未熟だと、最近痛切に感じている。
そんなときにふと見た動画で、若かりし石野卓球が「かっこいいこととは何ですか?」という質問に「身の程をわきまえること」と即答していた。
いままでに知り合った全員の日常に興味を持つほど俺はキャパが広いわけでもないし、今は自分や、自分の手の届く範囲にあるもの、あるいは自分の近くにあって欲しいものが一番の興味だ。
ということで、割と、誰がなにしていようがどうでもいい。そんな気分になったのでmixiとtwitterをやめた。
そんなもんなくてもドラマはそこら中にあるものだと、最近読んだ書籍の数々が言ってる。そこいらの街角にだって染み込んでいると、言ってる。

食事をしたら、筋トレと英語の勉強。しばらくは自律した生活を娯楽にしていこうと思う。
愛想ふりまいてばかりのやらしいおばけも、そのうちやさしいおばけに。
学習することで近づいていけたらいいな。

* * *



たま「学習」

いまになってあのときのあのひとの気持ちが
わかるから
あとになっていまのきみの気持ちを
わかることにするよ
きみをゆるしてあげるよ
ぼくのために

いつまでもずーっと生きてても
死んじゃってからも
ぼくにはわかんないことまだまだまだまだ
ある気がするよ
きみをゆるしてあげるよ
ぼくのために

きみをゆるしてあげるよ
いますぐに
きみをゆるしてあげるよ
とりあえず
きみをゆるしてあげるよ
ぼくのために
きみをゆるしてあげるよ
だなんて、えらそうなこといってるこのぼくを
ゆるしてね
  • 1
  • 0
  • 19:32 |

誘宵 第九夜

  • 2012年12月09日
誘宵でした。

第一夜 千石空房(東京 巣鴨)
第二夜 千石空房
第三夜 千石空房
第四夜 BarNoTBar(東京 府中)
第五夜 BarNoTBar
第六夜 BarNoTBar
第七夜 Soupanova(ベルリン PrenzlauerBerg)
第八夜 Chesters(ベルリン Kreuzberg)

からの
第九夜 BarNoTBar(東京 府中)

久々のノットバー。ホームグラウンド。
あいかわらずカオティックな夜でした。

19:00
客おらず。音だしから岡崎が音楽をかける。
店長のぱちくんのためだけにぶちあげムンバとかかけて遊ぶ。
途中でon sunday recodingsの石井さんがきてくれた。
いくら待てど客が来ない、っていうかDJもこない。

22:30
一気に客がくる。DJののの到着。完全にだれた空気をなんとかしてもらう。
ていうかこの半年でなにがあったのかめちゃくちゃ洗練されてる。
店は太鼓たたきモード。

380300_228421957290245_501327262_n

客としてきてくれたホームランチョップがまさかのフリースタイル飛び込み参加。
ドイツでもたまに聞いていただけに、お帰りのフリースタイルがうれしい。

430948_228421653956942_1701406869_n
ホームランチョップ先生と某ラッパーS

23:30
客としてきた天海さんが飛び込みで一曲だけかけさせてくれというのでかけてもらう。
そっから南雲。フロアはいいかんじ。

698996288

某ラッパーSがおかえりフリースタイルをしてくれたり、思いがけない友人が来場してくれたりうれしいハプニングが続く。そしてチバユーライブ。これにもSが参加。

94c30c32414e11e2b1c522000a9f18eb_7

1:00
emちゃん。このひともものすごくスタイリッシュな音楽かける。
というか、のののとemちゃんのふたりのDJが無料で見られるなんて贅沢なイベントだなおい。
2:00からDJがsomaくんになったのはおぼえているんだけど、そのあたりで岡崎沈没、ぱちくんのDJ見れなかったごめん。あと、噂によると飛び入り参加でロンゲのDJがテクノかけてたらしいんだけど、それ誰?
詳細不明。

4:30
気がつけば、南雲とemちゃんとsomaくんとぱちくんでB2Bやって遊んでる。
しかもけっこうぶち上げトラックが続く。なんかこの感じがすごくよかった。
PCを再起動させ最後にDJさせてもらう。

飛び入り参加のゲストがけっこういたのは思わぬ誤算だった。つうか多すぎだ飛び入り参加。
写真全然撮ってないけど、なんていうか相変わらずのカオティックっぷりで、そのくせみんな音に関して真摯で、DJのクオリティがものすごく高い。この雰囲気はすごく俺の好み。
いいイベントだなーって思った。

写真 1

写真 2

これ朝の閉店間際。店内にチャゲアスがかかってる。
この時間のだらだらした感じも誘宵のたのしみだとおもう。
ていうか次はちゃんとカメラマンに記録撮ってもらおう。

* * *

たくさんの友人に迎えられて、ただいま!帰ってきたぞーって気持ちにすごくなった。
帰国報告もできてうれしい。勇気や元気をもらう。
みんなありがとう。

ホームグラウンドがある以上、また跳躍して次の場所にいける気がする。
またやろう。またやってこう。

春からまたドイツに行く予定です。
  • 0
  • 0
  • 12:26 |

それから

  • 2012年12月06日
帰国3日目。友人宅に居候しています。
気持ちはまだ切り替わってないけれど、無理に切り替えずとも自然に移ろうのを待ってもいいかな。
帰国して、東京のメガシティっぷりにはひたすら驚かされた。
俺の居た都市はがどういうものだったかという再確認を毎日食らっている。
書籍がたくさん手に入ったので冬の間にゆっくり読もうと思ってる。

日毎、ベルリンの日々は遠くなる。
日本とベルリンの距離は9000kmそれから1日経つたびに昨日は地球の円周40000kmずつ遠のくので、いま、それらの思い出と俺の距離は90000kmくらい。あと3日もすれば思い出は月よりも遠い。
それでも、いくら遠のいても視えるものは視えるしね。その距離への感傷も娯楽といえば娯楽。
まあまたどこかで会えるよ。余裕で。
それよりも、俺にはすべきことがたくさん用意されているのでまずはひとつひとつ片付けて、
たまには星を見るように彼方へ思いを馳せながら、そんなかんじでやってこうと思う。

ベルリンであった皆さん。
お世話になりました。本当にありがとう。
またあいましょう。

日本の友達各位。
土産話を鞄につめこんでくから飲もうぜ。
年内にまたしばらく東京から離れる予定です。

そんなかんじ。
  • 1
  • 0
  • 20:02 |

帰国報告

2時間ほど前に成田に着きました。
ジェットラグにやられています。

当初12/1の飛行機で帰る予定でしたが

530905_2551862972298_903538244_n

まさかの搭乗できず。2日渡航が延期になりました。
チケットの再手配についても色々あったんだけど割愛。
とにかくお世話やご心配をかけた皆さん、ありがとうございました。

12/3正午、空港でチェックインの際に出国審査でひっかかりました。
以前パスポートの盗難に遭って、数日後に大使館から帰ってきたという件があったのですが
出国監察官が「このパスポート盗難届が出てる」と言い出した時はまじでびっくりしました。
うっそ!大使館は特に手続きしなくていいって言ってたぜ!
っていうか、警察から大使館に届いたんだろ!
別室に連行されフライトの5分前までなんかいろいろ訊かれました。
勘弁してくれよ!

ともあれ無事にロングフライトを終え、東京に帰ってこれました。
この滞在の間お世話になった皆さんにはただただ感謝です。
今後ともよろしくね。

半年間のドイツへの冒険が終わって、次にすべきはまた新しい冒険。
気合入れなおして立ち向かおうじゃねーの。

とりあえず今日はゆっくり休みます。
ここ半年の総括的なものはまたあらためて述べるとして。

See you again Berlin
みなさん本当お世話になりました。

704055_532131426815574_1385421360_o
  • 0
  • 0
  • 17:08 |
Search
Tatsuo Okazaki

「いい会社」elegirlという会社を経営しています。主たる事業は広告ですが、音楽事業 elegirl labelや演劇制作など、気ままに色々やってます。プロフィール詳細はこちら。デザイナー、DJとしての活動概要はこちら


 info(at)elegirl(dot)com
comment
Booklog
Monthly Archives
electrongirl