electrongirl

ゆるく、ゆるーくありたいものです

●しみに満ちている

  • 2013年04月24日
満員電車の中でみかけた週刊朝日のコピーにこんなんがあった。

「世界は憎しみに満ちている」

ボストンの事件を受けての記事だけど、ラッシュの中で見たくなかった。
これが共感を得られるコピーなのか?だとしたら結構やだな。

世界は憎しみに満ちているから、強くならなきゃこの身を守れない。社会は不安なことばかりだからいっぱい稼がなきゃ。
何かを頑張る理由が、それだけってのはやだな。苦しいべ。

けれど日本人の潜在意識にそれは少なからずあるかもしれない。戦争、敗戦、高度成長、バブル、バブル崩壊、震災を経てきた国民性だ、ポジティブにお気楽にいくのは難しいかも知れない。それでも、「世界は憎しみに満ちている」と聞いて、共感できたとしたら気の毒だ。一杯おごってやりたくなる。

もしかしたらそれは真で、戦争も飢餓も経験していない自分が知らないだけで、世界のほとんどはまじで泥ついてるのだとしても、だとしてもだよ、満員の電車の中で見せるな。憎しみ渦巻く中に投げ込む言葉としては最低なセンスだ。クソコピーだ。ネガティブなシンパシーなんか公共に求めんな。

あと、だからなんなんだ、ってところもあって、世界がいかにネガティブだろうと、それを言って終わりにするのはガキくさい。「世界は憎しみに満ちているから●●をしたらいいと思う」ここまで言えて大人なんじゃねえかな。●●は「大喜利」とか「モンゴル相撲」とかでもいいから。

そういうところがね、いらっとしたですよ週刊朝日。
ちゃんと考えれ。

「宇宙人の皆さん、地球は●しみに満ちています。」

「憎」とか「悲」とか「苦」とかあてはまんの最悪だわ、情けない。「楽」とか「慈」とか言いたい。「可笑」でもいいね。少なくとも後の方の解釈のためにがんばってる。
  • 0
  • 0
  • 12:33 |

生活の色

  • 2013年04月08日
いろいろ くだもの かごの中
いろいろ 窓辺に 花もある
お好きにどうぞ 手にとって
あなたの くらしを かざれたら

いろいろ 野菜は 冷やしてる
いろいろ 絵の具で 絵を描いて
お好きにどうぞ ためしてみて
あなたの くらしが すこしだけ

たのしくなればいい
やさしくなればいい

喧騒も 疫病も 百鬼夜行もつきものだ
面倒も 紛争も 隣人の苦情もつきものだ
やぁやぁ 心は簡単に 赤錆にやられるし
すれ違うたびに 手垢をつけられる つけられる
生活は むずかしい
いつだって むずかしいから
色彩は絶えないよう
色彩は絶えないよう

いろいろ たわごと つぶやいて
いろいろ きもちを わけあって
お好きにどうぞ ためしてみて
あなたの くらしが すこしだけ

やわらかくなればいい
いとおしくなればいい

いろいろ くだもの かごの中
いろいろ 窓辺に 花もある
お好きにどうぞ 手にとって
あなたの くらしを かざれたら

  • 3
  • 0
  • 01:08 |
Search
Tatsuo Okazaki

「いい会社」elegirlという会社を経営しています。主たる事業は広告ですが、音楽事業 elegirl labelや演劇制作など、気ままに色々やってます。プロフィール詳細はこちら。デザイナー、DJとしての活動概要はこちら


 info(at)elegirl(dot)com
comment
Booklog
Monthly Archives
electrongirl