electrongirl

ゆるく、ゆるーくありたいものです

春宵融解

  • 2014年04月23日
きょうもまた
宵闇が融けていく時間です
いろいろと混濁した事情にかまけて
いろいろと煩雑なことを思う

夜の中で煙草を喫うのが良いのです
体に毒なのは承知だけれど
血流を鎮めるのには手っ取り早い

ふう
と、煙を吐けば
空は若干白む

きょうもまた
きょうもまた
何者にも為れぬ己を
悔やんでいたのか
誇っていたのか
判別らないままに
宵闇が融けていく時間に

夏のにおいをおぼえるのです
月の残像をおもいだすのです






天才数学者、岡潔の思想随筆。
  • 0
  • 0
  • 05:21 |

谷根千ロゴ紀行

谷根千にちょいちょいいくんだけど、ここの店の看板や店舗ロゴにはほんといいものが多い。おそらくいい腕のデザイナーが住んでいるんだと思う。

2014-04-08-17-55-18


パン屋明富夢(ATOM)
店舗名もかっこいいが、まさか漢字を全部パン屋の絵で表現するとは思わなかった。これすごいアイデアだと思う。

2014-04-08-17-56-46


間下時計店
このレトロ感と安定感すばらしいです。くるんくるんいってるのも可愛いです。

2014-04-08-17-56-04


蜂とミシン
何を取り扱っているお店か微妙にわかんないけど、素敵。店舗名が小説のタイトルみたいですね。

2014-04-08-18-18-21


電気屋さん
このキャラクターゆるすぎでしょ。ゆるいながらも電機の精霊なんじゃないかって感じもする。看板の下にある「テレホン」もなかなかいいですね。

2014-04-08-18-02-19


美容室
これ写真じゃわかりづらいけど、とにかく女性が髪を切るというのはなにかドラマがあるという幻想を想起させられる。
決別!という感じ。

2014-04-08-18-01-58


パン屋リバティ
個人的には一番好き。色といい、文字のフォントのふっくら感といい、左のかわいいんだかかわいくねーんだかわからないキャラクターの存在感といい、いい感じ過ぎる。

2014-04-08-17-55-08


たんたん
これ一見シンプルに見えるけど、たんたんいうステップを表現してるんだと思います。軽快。んが裏返ってるのもかわいい。そしてなにより他の情報を書き込まない潔さが素敵。

2014-04-08-17-52-40


ひみつ堂
これもいいですね。店名もいいけど、ロゴのかき氷かわいいね。素人がかき氷を描く時、氷の上を塗りがちですが、右半分を塗るって発想はいいですね。

ほかにもいろいろありましたので機会あらば足を運んでみてください。

デザイン事業をころがしはじめてロゴとか名刺とかWEBとか、もっと向き合って見るようになって、余白の大事さをすごく気にするようになった。
デザインの絵においてもそうなんだけど、全部を説明しすぎている広告にあまり惹かれない。ん!?と足をいい感じに止めてしまうところに、歩みや思考に句読点を与えられるところにロゴや名刺やWEBの力が作用している気がしている。


  • 0
  • 0
  • 18:35 |

「東京のカレー」

  • 2014年04月09日
image


保育園でこどもがないている
歩き回った人が空を見やる
夕日は電線にからまって
とまった鳥をからすにしていた
そうざい屋の行列で語られるのは
ねびきの話と町のうわさ
駅前の壁によりかかる学生は
恋人がくるのをまっている
女の子がカメラをかまえた空に
あげもののにおいがおどっている
ちんどん屋が演奏をやめたとき
街灯がまたたいて目をさます

踏切の遮断器があがるときに
一番星みつけた
そろそろだれもかれもが
おばけになる時間

東京でカレーができるころ
シドニーは食器を洗うころ
上海もごはんが炊けている
リオデジャネイロはすやすやねむっている

電車のホームから
あの日々を思えば、遠く
そろそろだれもかれもが
おばけになってしまう時間

東京でカレーができるころ
バンコクは買いものをしているころ
ダカールはまだ朝ごはん
ニューヨークはお酒で酔いどれる

ちんどん屋も女の子ももういない
あげもののにおいも夜にきえ
恋人たちは歩いていった
商店街のシャッターは口を閉ざす
鳥たちは闇の向こう側へ
空をみていたひとはおつかれさま
保育園のこどもが泣きつかれたとき
ほら、お母さんが、迎えにきたよ





  • 0
  • 0
  • 13:30 |
Search
Tatsuo Okazaki

「いい会社」elegirlという会社を経営しています。主たる事業は広告ですが、音楽事業 elegirl labelや演劇制作など、気ままに色々やってます。プロフィール詳細はこちら。デザイナー、DJとしての活動概要はこちら


 info(at)elegirl(dot)com
comment
Booklog
Monthly Archives
electrongirl