electrongirl

ゆるく、ゆるーくありたいものです

つむぎ

  • 2018年09月06日
語彙は、それだけで価値にはならず、丁寧に選んだり紡がれることで初めて価値になる。
冷蔵庫に食材が沢山あっても、強火でザク切りしかできなければ大した料理はできない。

初対面であっても、少し話せばその人の持つ食材と調理の丁寧さは伺い知ることができる。言葉を的確に選ぶ人はそれだけで尊く思える。
とはいえ、食材と調理がしっかりしていれば料理は魅力的になるのかといえば、そういうわけでもない。だしや調味料、香辛料などが料理を彩るように、会話には比喩や抑揚、句読点やユーモアといった、様々な要素がついて回る。

人と話すのは、食事を味わうような楽しさがある。丁寧に言葉を選ぶ人のことは、信頼していいと思っている。自分の発言に注意を払う人は関係性や行動も丁重に扱うのではないだろうか。

自分は、全然だ。
嫁と暮らすようになって1年が経ち、彼女が「ぶん殴る」とか「クソ野郎」とか言うようになったのは明らかに俺の影響で、反省しかない。
  • 0
  • 20:51 |
Search
Tatsuo Okazaki

「いい会社」elegirlという会社を経営しています。主たる事業は広告ですが、音楽事業 elegirl labelや演劇制作など、気ままに色々やってます。プロフィール詳細はこちら。デザイナー、DJとしての活動概要はこちら


 info(at)elegirl(dot)com
comment
Booklog
Monthly Archives
electrongirl